DIRECT ENGLISH

Louis Alexander の教え - Interaction

150 views
約3分
Louis Alexander の教え - Interaction

Louis Alexanderの記事の中に、”Interaction” と言う記事があります。

Louis Alexander は、Conversationには、以下の3つのタイプがあると言っています。

  • Transaction
  • Interaction
  • Argument

前の記事で、”Transaction”について説明しましたので、今回は”Interaction”のお話をします。

“Interaction”は、他の人とのコミュニケーションの中で最も典型的な会話の形になります。話し相手に調子や家族、仕事の事を伝え、話し相手もまたその人の調子や家族、仕事の事を話します。

このInteraction”は、外国語学習において最も大切な会話の形になります。ビジネスイングリッシュにおいても同様です。1日中仕事で「金融取引」の話をしたビジネスマンが仕事が終わった後食事をした場合、もう「金融取引」の話はしたくないでしょう。どんな話をするかと言うと、最近の調子や家族、など、普通の人が興味ある内容です。

前回説明したように、”Transaction”では状況や場面設定が重要であり、そのやり取りは定期的なもので予想でき、客と店員の関係はビジネスライクで非人間的なものになりがちです。それに対して、”Interaction”の場合はお互いに興味のある事を話し、その場面や状況設定はあまり意味を持たず、その会話内容は予想できないものです。バス停で友達と様々なトピックで会話をすると思いますが、バス停である事が大きな意味を持つことはありません。

DIRECT ENGLISHの初級レベル、レベル1からレベル3では”Transaction”を中心に学習していきますが、レベル3の後半から”Interaction”の要素も入ってきます。キッチンの設備の話から時事問題まで発展していきます。

中級レベルであるレベル4以降では、”Interaction”の比重が高まり、Breaking up (a relationship), Keeping in touch with old friends, How much homework should teenagers have?, Would you like to work the nightshift?, Modern communication, Favorite colors, Paying bills on time, のようなトピックで話す練習を重ねていきます。

例えば、レベル4Unit29では、”breaking up a relationship”について話す練習をします。いきなり話すのは難しいと思いますが、DannyとMicahelがこのテーマについて話している会話を練習した後に、次のような質問に答えながら練習をしていきます。

1 Have you ever broken up with someone and if so, how long ago?
2 Who made the first move to break up? etc. [at least six questions]

このように少しずつ話を展開していく練習を重ねるうちに、様々なトピックで自然な”Interaction”が出来るようになっていきます。

Louis Alexanderによる英文の原文も是非読んでみてください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE